宅建の資格で自己PR〜就職・転職に評判の資格を比較

 
 
 
 

宅建(宅地建物取引主任者)
取得者のおすすめレポート

    投稿はこちら

宅建(宅地建物取引主任者) 取得者口コミレポート 1ページ目
 
取得資格名:宅建(宅地建物取引主任者)
状況 = 新卒
性別 = 男性
年齢 = 21
学部 = 法
志望業種 = 金融
志望職種 = 法務
資格 = 宅地建物取引主任者

取得した理由 =
法学部なので必要最低限の法知識を身に付けておこうと考えて。

取得までの時間 =
約150時間

勉強方法 =
テキストと過去問題集を購入。テキストを1単元ずつ読み、それに該当する過去問題をやる。過去問題を1週やり終わったら。過去問題をもう1週し、わからない部分をテキストで確認する。

取得して良かったおすすめポイント(自己PRへの応用) =
宅地建物取引主任者資格試験は民法、宅建業法、その他の法令といった内容となっているので、いきなり、日常生活において役に立つといったことは少ないと思います。しかし、通常の生活において、これまで、何も考えずに行っていたことが、法律に従ってなされていたことであることを実感するようになりました。

推薦文 =
宅建は不動産会社に勤める、または勤めようと考えている人しか必要がないように見えるかもしれませんが、決してそんなことはなく、ビジネスパーソンならば身に付けておいて損がない知識を取得できると思います。

 

取得資格名:宅建(宅地建物取引主任者)
状況 = 新卒
性別 = 男性
年齢 = 21
学部 = 工学部
志望業種 = 金融
志望職種 = 電力
資格 = 宅地建物取引主任者。

取得した理由 =
何か資格が欲しかったから。

取得までの時間 =
2月半。

勉強方法 =
具体的にはらくらくシリーズで勉強をしました。工夫は勉強時間を決めて勉強するのではなく、ページ数を決めて勉強した点です。

取得して良かったおすすめポイント(自己PRへの応用) =
アルバイトの面接などをする時に、資格の欄に宅地建物取引主任者と書くことができ、もし、面接官がその資格を知っている人だと話が合うことです。後、登録すると免許証みたいなものをくれて、それが運転免許証などと同じように身分証明書として使うことができます。

推薦文 =
この資格をとることによってこれまで知らなかった不動産の知識なども身に付けることができるので、不動産を売買したり賃貸したりするとき役に立ちます。

 

取得資格名:宅建(宅地建物取引主任者)
状況 = 転職
性別 = 男性
年齢 = 30
学部 = 地理学科
志望業種 = 建築
志望職種 = 設計
資格 = 宅地取引主任者

取得した理由 =
建築業界で働くため

取得までの時間 =
三ヶ月

勉強方法 =
とりあえず、過去問10年分をすべて覚える。
参考書はたくさんの種類より一種類のみを浮気せず徹底的に使い込む。

取得して良かったおすすめポイント(自己PRへの応用) =
建築だけではなく、民法をはじめとする法律にも精通することができ、さまざまなトラブルに対処できた。また、賃貸マンションをかりるとき、仲介料などの本来なら支払う必要のないお金を、取引主任者であると名乗ることにより避けることが出来た。

推薦文 =
宅地取引主任者は、建築業界のみならず、さまざまな業界で必要とされる資格であるので、とっておいて損はないと思います。また法律系の国家資格の中では、比較的とっつきやすいと思います。

※宅建(宅地建物取引主任者)取得者のおすすめレポート 1ページ目

 HOME / 宅建(宅地建物取引主任者) 取得者のおすすめレポート トップページ


おすすめ・人気の資格で自己PR(HOME)に戻る


投稿はこちら
当サイトに掲載されているおすすめレポートを検索できます。
 
 
 資格おすすめレポート
 +外国語
 +パソコン関連
 +医療・福祉・衛生
 +法律・財務・経理
 +接客・販売・営業
色彩検定(9)
危険物取扱者(8)
漢字検定(9)
特集 資格は就職に有利?
第1回:漢字検定って有利?
第2回:秘書検定って有利?
第3回:簿記検定って有利?
 
資格人気ランキング
1位 秘書検定
2位 簿記検定
3位 英検
4位 TOEIC
5位 MOS
6位 漢字検定
※毎週日曜日更新
 
就職リンク
初めての転職活動
人材派遣会社人気比較
人材紹介会社おすすめレポート
転職求人サイト人気比較レポート
   

就職活動ライブラリ おすすめ・人気の資格で自己PR 就職に有利な資格は??

Copyright (C) 2001‐2016 After Season All Rights Reserved